紙、書籍、ダンボールの破砕機

紙類の破砕目的としては、リサイクルの前処理及び、機密機密処理向けのシュレッダー処理があります。

一般に、RPF(固形燃料)やリサイクルパルプの前処理としては一軸・二軸破砕機を用い、機密処理には専用の破砕機を用います。

書籍の破砕

  • 破砕前
    破砕前
  • →
  • 破砕後
    破砕後

残本の処理です。破砕により廃棄処分と機密処理が可能です。
使用機種:二軸破砕機 刃厚:50mm

(製紙用)紙管の破砕

  • 破砕前
    破砕前
  • →
  • 破砕後
    破砕後

高い減容効果が期待できます。紙管の場合、一部両端に鉄輪がついているものがありますが、破砕刃を傷めるため、破砕の前に外すことをおすすめします。
使用機種:二軸破砕機 刃厚:50mm

紙おむつの破砕

  • 破砕前
    破砕前
  • →
  • 破砕後
    破砕後

リサイクルの前処理として、紙・吸水ポリマーを破砕します。
使用機種:一軸破砕機 スクリーン直径:40mm

機密書類の破砕

  • 破砕前
    破砕前
  • →
  • 破砕後
    破砕後

機密書類を大量に処理することが可能です。
使用機種:一軸破砕機 スクリーン直径:40mm

下記で「ダンボール入りの書類」の大量処理する様子を動画でご覧頂けます。

破砕サンプルテスト  問合せ

紙、書籍、ダンボールの破砕機 製品一覧

機密文書処理用一軸破砕機

機密文書処理用一軸破砕機

  1. ダンボールごと機密文書の処理が可能
  2. ショベルローダーで一括投入、大量連続処理が可能
  3. コンベヤ投入・排出などのライン化も可能