タイヤの破砕機

タイヤの破砕

タイヤを燃料(サーマルリサイクル*1)として利用する場合、
 1.ビードワイヤー*2の除去
 2.切断機(カッター)で16~32分割に切断

*1 サーマルリサイクルとは、廃棄物を燃焼させ、熱エネルギーとして回収することです。温水、電力、蒸気などで利用されます。タイヤの発熱量は7,200~8,500Kcal/kgと高く、コークス(8,000Kcal/kg)と同等です。
*2 ビード(タイヤをホイールに固定するもの)の内部にあるスチールの線のことです。

引き取り業者によっては、この後、50mm以下に破砕する必要があります。
切断機を使用せず大型のタイヤを処理可能な破砕機もありますが、大きな馬力を必要とします。

再生ゴムやゴム粉として再利用(マテリアルリサイクル)する場合は、上記の処理に加えて、粉砕機を用いて細かくする必要があります。

(社)日本自動車タイヤ協会によれば、2004年度の廃タイヤの発生量が104.3万トンでリサイクルの状況は
サーマルリサイクル(熱利用): 45%
マテリアルリサイクル(原形・加工利用): 17%
となっております。

タイヤの中間処理で機種を選定する場合は、用途がサーマルリサイクルなのか、マテリアルリサイクルなのかということに加えて、乗用車、小型トラック、(建設用なども含む)大型トラックなど、タイヤの種類に応じて選定を行います。

破砕サンプルテスト  問合せ

その他破砕機 製品一覧

重粉砕機(マルチタイプ)

重粉砕機(マルチタイプ)

  1. ローターの回転数を低くし、高トルクで異物の混入に強い。
  2. 回転数が低いため低騒音・低振動
  3. 衝撃が少なく、刃物が長寿命。